国分寺

徳島の河川

トップページ高知県の観光四国の河川徳島の河川鮎喰川>国分寺

徳島県:NO15

(十五番札所)薬王山国分寺 曹洞宗 本尊:薬師如来
徳島県徳島市国府町矢野718−1

国分寺に向かう田園の道に立つと、江戸末期に建てられた重層の大きな本堂が目に入ってくる。聖武天皇の天平十三年(741)三月に諸国に国分寺と国分尼寺を建立すべし、との勅が下った国分寺は詳しくは金光明四天王護国之寺、国分尼寺は法華滅罪之寺と呼ばれている。いずれも奈良時代の代表的な護国経典である「金光明経」と「法華経」をもって寺院建立の趣旨としたものである。

国分寺

トップページへ戻る 徳島の河川へ戻る 
高知県の観光へ戻る  鮎喰川へ戻る