藤井寺

徳島の河川

トップページ高知県の観光四国の河川徳島の河川吉野川>藤井寺

徳島県:NO11

(十一番札所)金剛山藤井寺 臨済宗妙心寺派 本尊:薬師如来
徳島県吉野川市鴨島町飯尾1525

人々からは親しみをこめて藤井寺と呼ばれている。折口信夫著「死者の書」は、「古代の若い女性たちが、春分、秋分の日に、一日、東から西へ、太陽を追って歩いてゆき、日がくれて、くたくたになって帰ってくる。野遊びの習俗があった」と書いている。四国札所の一番霊山寺から第十番切幡寺までは、あたかも東から西へ阿讃山脈の裾に添って、吉野川の北岸に点在している。その吉野川を南へ渡り、さらに鴨島町の南の四国山脈の山ふところに抱かれるようにして、第十一番藤井寺はある。第一番霊山寺から歩く遍路の行程であれば、ちょうど一日のみちのりである。

藤井寺

トップページへ戻る 徳島の河川へ戻る 
高知県の観光へ戻る  吉野川へ戻る