たらいうどん(福助)

徳島の河川

トップページ高知県の観光四国の河川徳島の河川吉野川>たらいうどん(福助)

阿波市土成町宮川内字相婦78−4

土成ICから北へ国道318号線を進むと県境のトンネルがあり、その手前にたらいうどん「福助」があります。

※営業:土・日・祝日のみ。

土成ICのすぐ北には御所温泉、2月〜4月頃道沿いに苺の直販所があり、かなり安く購入することが出来、秋にはぶどうの直販所が軒を並べ、国道を北へ進むと道の駅があり、ここには直径8.7メートルの「たらい」が展示されている。さらに北へ進むと道路沿いに「たらいうどん店」が点在し、たらいに入ったうどんが名物。

たらいうどん(福助)

昭和6年、当時の県知事が今の阿波市土成町を訪れ「たらいのような器に入ったうどんを食べてうまかった」と話したのがきっかけで「たらいうどん」と呼ばれるようになった。太くもちもちした食感の麺を辛めのつゆで食べるのが特徴。
※香川にある製麺所のうどんと同等を誇る麺のこしが特徴。

たらいうどん

国道と「たらいうどん 福助」の間にある狭い道を下ると駐車場があり、そこから「はりまやばし」のような橋を渡ると奥御所神社があり、この横の岩の上で「土御門上皇」が崩御された終焉の地があります。

御所神社

これは、阿波では有名な「阿波尾鶏(あわおどり)」の網焼き。土佐では“土佐ジロー”のように、県内でブランド化したものです。ここでは、二種類のたれと塩レモンで、焼いたあわおどりをお好みでつけて、頂くことができます。

阿波尾鶏

御所神社

徳島の河川
四国の観光へ戻る  四国の河川へ戻る 
高知県の観光へ戻る  吉野川へ戻る 
徳島の河川へ戻る