加茂の大クス

徳島の河川

トップページ高知県の観光四国の河川徳島の河川吉野川>加茂の大クス

徳島県東みよし町

“一樹、森成す三加茂大楠”と詠まれている本樹は、楠としては典型的な繁茂を遂げ、傘の開けるが如く壮大な樹冠でよく整った樹容を誇り、まさに日本一である。大正15年、内務省告示第58号をもって「クス」の代表的巨樹として天然記念物に指定され、昭和31年、文化財保護法により、国の特別天然記念物に指定された。樹齢は1000余年と推定され、根回り20m、目通り周囲13m、枝張り東西径46m、南北径40m、樹高約25mである。昭和40年以降、様々な保護対策が施され、現在も樹勢は旺盛である。

(看板引用)

加茂の大クス


徳島の河川

四国の観光へ戻る  四国の河川へ戻る 
高知県の観光へ戻る  吉野川へ戻る 
徳島の河川へ戻る  徳島の巨木へ戻る